<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのか

時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう。
「レーシック手術の話を聞きに行ったらイメージと全く違う」とならないように勉強をしておきましょう。レーシックでは、まず最初に眼球に麻酔をかけますが、これは目薬なので注射のように痛みを感じることはありません。
目薬の液体の中に含まれている麻酔となる成分で効果が出て、このことを点眼麻酔と言います。 日本全国にレーシック手術を実施出来るクリニックがありますが、まずは評判の良い実績のある医師を探す必要があります。
つまりクリニック単位で探すのではなく、医師の経験と実績で探すことが最も大切なことなのです。
実際のレーシックではレーザーで角膜を削りめくっていき、そのめくったところにレーザーを照射し、フラップを調整していきます。
最終的には抗生剤が含まれた目薬を挿して終了となり、その時間は15分〜30分程度と非常に短くなっています。

 

 



<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのかブログ:04 9 2018

離乳食が終わり、
通常のご飯が食べられるようになると、
栄養バランスの取れたご飯を与え続けなければならない。

基本的にパパと母親が食べている
ご飯を出せばいいのだが、
脂肪に関しては、大人と子供ではその重要度がまるで違う。

大人にとっては
脂肪の過剰な摂取は健康を害するものだが、
子供にとって脂肪は脳を成長させる大事な物質である。

高い知能を持った子供に共通するのは、
母親が少し太っているということが挙げられる。

母親が少し太っているということは、
ご飯において脂肪を多目に取っているということで、
そのようなご飯を子供の頃から食べさせてもらえば、
当然、子供は脳を大きくしていくことができる。

母親が痩せ気味だと
ご飯自体に脂肪の量が少ないために、
どうしても脳そのものを大きくしていくことが
難しくなるのである。

気をつけるべきなのは、
和食は仏教の影響を受けて、
脂肪が極端に少ないご飯になっているということ。

伝統的な和食は健康的であっても、
脂肪が少ないために、
子供にとっては非常に有害なものになってしまう。

それと裕福になると、
どうしても肥満になる人々が増えて来るので、
シェイプアップと称して
脂肪を極端に切り落としたご飯を作るようになってしまうのだ。

通常、女性が肥満になるのは
炭水化物の過剰摂取が原因である。

肥満になれば脂肪がつくが、
脂肪を食べてその脂肪がついたのではなく、
ご飯以外におやつなどを食べているから、
炭水化物が過剰になってしまい、
その過剰な炭水化物が脂肪として蓄積されてしまったのである。


レーシックの達人@ レーシックの達人A レーシックの達人B レーシックの達人C レーシックの達人D