<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。 レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。レーシック手術を受けようと思った時には、まず最初にそのクリニックの評判や口コミ情報を参考にするようにしましょう。
大切な目を手術するのですから、最も信頼できて安心して手術を受けることの出来るクリニックをしっかりと選んでください。
レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。

 

 





別れさせ屋
URL:http://renai-kobo.com/
別れさせ屋についてのサイト


<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシックブログ:12 11 2018

1週間ほど前、久々に実家に帰ってきました。

もともと帰る気はなかったのですが、
嫁にせっつかれて帰ったのです。

ミーは実家に帰るのが嫌なわけではないのですが、
特に用事もないのに
帰る必要もないだろうと思っていたのです。

嫁曰く「みんなに会いたい」と。
会いたいという理由で
実家に帰るという発想がミーにはなかったので
ちょっとびっくり…

まぁ、帰る理由もないけれど、
帰らない理由もないということで二人して実家に帰ると、
いつものようにママが甲斐甲斐しく世話を焼いてくれます。

そのうち父が帰ってきて、
いつものようにマイワールドな話を始めます。
その後、お兄ちゃんが帰ってきて、
仕事やら車やらパソコンやらの話に華を咲かせます。

儀式のように、いつも同じことが繰り返されます。
特段感動もなく、新鮮さもなく、
いつものことがいつも通りに流れていきます。

その間、
嫁は、ママの料理に感動して作り方を教えてもらい、
父の話を面白そうに聞き、
ミーとお兄ちゃんの話をニコニコしながら聞いています。

ミーにとっては長年慣れ親しんだいつものことなのですが、
嫁は、それがとても楽しい時間のようなのです。

そして帰りに
いつもミーにこう言います。

「楽しかったね。また遊びに行こうね!」

嫁は、ミーの家族をとても愛していてくれて、
みんなのことを大好きだと言ってくれます。

これは、ミーにとって、
とても嬉しいことですし、ありがたいことです。

何十年も家族をやっていると、
家族は当たり前の存在になってしまっていて、
家族のいいところよりも、アラに目が行ってしまいます。

そんなミーの代わりと言っては何ですが、
嫁はミーの家族のいい所を見て、愛してくれます。


レーシックの達人@ レーシックの達人A レーシックの達人B レーシックの達人C レーシックの達人D