<レーシックガイド>何よりもクリニックのサポート体制に注目

<レーシックガイド>何よりもクリニックのサポート体制に注目



<レーシックガイド>何よりもクリニックのサポート体制に注目ブログ:05 12 2015


子供のころ、母親から
「食べ物を食べる時にはきちんと噛みなさい」と
言われたことはありませんか?

よく噛むことで、食べ物が細かくなりますから
消化器官への負担が軽減されるというメリットがあります。

また
よく噛むことは、
減量にもつながっていくそうなんですよね。

噛むことと減量をつなぐカギは、
満腹中枢にあります。

食事をし始めてからしばらくたつと、
満腹中枢というところから
「ウエストいっぱい」という信号を発します。

すると、「ウエストいっぱい」という信号が脳に伝わり、
わたくしたちの身体は満腹感を感じることができるわけです。

ところで、この満腹中枢ですが、
食事をしてからしばらく時間が経過をしないと
信号を発さないことが分かっています。

個人差はありますが、
たいていは20分前後で信号を発するといわれています。

ですから早食いで、
20分以内に食べ終わってしまうと、
どこかウエストが物足りなかったりするんです。

一方、
20分以上、じっくりと時間をかけて食事をすれば、
少ない量でもウエストが満足します。

だから、ゆっくり噛むという行為が重要なんですね。

ゆっくり噛むことによって、
その分食べ物を飲み込むまでに時間がかかります。

ということは、少ない食事量であっても、
十分に満腹感を得ることができるようになるわけです。

噛む回数を増やす方法は、いくつもあります。

ゴボウなどのかたい食材を多く取り入れると、
どうしても噛み砕くのに時間がかかります。

また、食べ物をクチに運んだら、
いったん箸を置くという方法も有効みたいですよ。
箸をいちいちおくことで、その分噛む回数が増えてくるからです。

明日はいい日だ。がんばろ~^^
<レーシックガイド>何よりもクリニックのサポート体制に注目

<レーシックガイド>何よりもクリニックのサポート体制に注目

★メニュー

<レーシックガイド>割引制度を利用してレーシック手術
<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック
<レーシックガイド>レーシックの安全性は非常に高い
<レーシックガイド>これからは裸眼で快適に生活
<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術
<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのか
<レーシックガイド>手術なので確実に成功するとは限らない
<レーシックガイド>レーシック治療の実績数は要チェック
<レーシックガイド>何よりもクリニックのサポート体制に注目
<レーシックガイド>事前にレーシックの給付金を確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)最先端のレーシック手術基礎知識