<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術

<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術


<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術
レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。レーシックとは「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略称として世間的に広まっています。
エキシマレーザー装置を使い、目の表面の角膜の一部を削っていき、角膜を調整させ視力回復を実現させていきます。手術と言いましてもレーシックは入院の必要は無く日帰りで受けることが可能となっています。
術時間も10分前後と大変短く、個人差はありますが翌日には視力が回復してきます。 実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。
現在ではレーシック手術が一般的に行われているアメリカでは年間100万人以上の人がレーシックを受けています。
この数字というのはアメリカで近視になっている人の約一割であり、非常に関心のある手術と言えるでしょう。




<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術ブログ:10 3 2019

家内が主人に弁当を作らず、
11時食を外食で済ますようにした場合、
主人にはコンビニ弁当で11時食を済ますようなことを
させてはいけない。

コンビニ弁当を食べると
確実に太ってしまうからである。

年齢的にも、
中年太りをしやすい時期に差し掛かっているので、
わざわざ主人を肥満にさせるような食事を
とらせるべきではない。

なぜ
コンビニ弁当は太るのかというと、
栄養バランスが崩れているからである。

人間は栄養バランスの取れた食事をしている限り、
そんなに太らない…

それなのに厄介なのが、
人間は栄養バランスが崩れた食事をすると、
それが美味しいと思ってしまう奇妙な動物なのである。

だからコンビニ弁当を食べると美味しいと思ってしまい、
それを延々と食べ続けることになるのだ。

しかもコンビニ弁当では
ごはんにサラダ油がまぶしてある。

ごはんにサラダ油をまぶすと、
艶があるように見えて見栄えがいいし、
しかも防腐剤がわりになるので、弁当が腐りにくくなるのだ。

しかしその代償こそ肥満なのであって、
ごはんにサラダ油をミックスさせると、
消化吸収が遅れるために、非常に太りやすくなるのだ。

これはチャーハンが太るのと同じメカニズム。
チャーハンの場合は火力で油を飛ばしているので、まだ弊害は少ないが、
コンビニ弁当のように意図的にサラダ油をまぶしていると、
その弊害は非常に大きいのである。

だから、
主人にはきちんと食事処で
食事をするように言っておくべきなのである。

11時食代を渡してそれで終わりなのではなく、
夫婦の会話の中で
一体どんな11時食を食べたのか訊き出すべきであって、
きちんと食べているのか確認すべきなのである。

<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術

<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術

★メニュー

<レーシックガイド>割引制度を利用してレーシック手術
<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック
<レーシックガイド>レーシックの安全性は非常に高い
<レーシックガイド>これからは裸眼で快適に生活
<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術
<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのか
<レーシックガイド>手術なので確実に成功するとは限らない
<レーシックガイド>レーシック治療の実績数は要チェック
<レーシックガイド>何よりもクリニックのサポート体制に注目
<レーシックガイド>事前にレーシックの給付金を確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)最先端のレーシック手術基礎知識