<レーシックガイド>これからは裸眼で快適に生活

現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。コンタクトレンズを使用している人の中でレーシックを受けようか迷っている人は大勢いらっしゃると思います。
コンタクトレンズの価格とレーシックの治療費を比較した時、実際のところ長い目でみればレーシックの方が経済的に安くなることがあるのです。長いスパンで考えることによって、レーシックよりもコンタクトの方が高い場合もあります。
またレーシック手術を受けることで、半永久的に裸眼で過ごすことが出来るというメリットもあります。 これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。
コンタクトレンズの使用者にとって裸眼の快適さはとても魅力的なものでまさに夢にまでみたこともあるでしょう。
日頃の面倒くさいことが一切必要無くなるレーシック手術をして、コンタクトレンズから解放しちゃいましょう。

 

 



<レーシックガイド>これからは裸眼で快適に生活ブログ:31 7 2019

わしは、午前中起きたら、
からだをシャキッと目覚めさせるために、
起きたら真っ先にカーテンを開けるようにしています。

そして窓を開けて、深呼吸し、午前中の空気を吸いこむのです。
晴天の日でも晴天の日でも。
そうして、午前中が来たことを体に知らせてあげるのです。

次にを腕立てしてからだを暖めます。
午前中に腕立てを行なうと、体温が上がり、
その日一日の代謝量全体がアップするそうですよ!

そして少しの時間であっても、
散歩に出て午前中の空気を満喫するようにしています。

天気が良ければ、爽やかな朝の空気を感じ、
悪天候の日にも、悪天候の音と空気を感じれば、
からだが「ああ、午前中が来たんだ!」と感じ、
エネルギーを消費するための交感神経も目覚めます。

それから帰ってきて、
シャワーを浴びたり、顔を洗って、
シャキッとからだの外側も引き締めます。
心を引き締めると自然とからだも引き締まります。

そして午前中食を摂ります。
午前中食は、内臓を活発に動かすために必ず必要です。

ちなみに、
内臓は基礎代謝の中でも38%を占め、
筋肉の22%よりも大きい比率を占めているそうです。

だから、腕立てして筋肉の基礎代謝を増やすよりも、
内臓を活発に動かして基礎代謝を高める方が効果的なんですね。

内臓の基礎代謝を高めるのには、
午前中食は必須とも言えるくらい重要なものなんです!

午前中食をとって内臓を動かすことにより、
内臓も「あぁ、午前中が来たんだ!」と分かり、
そこから働きだしてくれます。

これがもし午前中食をとらなければ、
内臓はいつまでも眠ったままで、
お昼食をとるまで活発に動き出してくれませんよ。





レーシックの達人@ レーシックの達人A レーシックの達人B レーシックの達人C レーシックの達人D