<レーシックガイド>これからは裸眼で快適に生活

現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。コンタクトレンズを使用している人の中でレーシックを受けようか迷っている人は大勢いらっしゃると思います。
コンタクトレンズの価格とレーシックの治療費を比較した時、実際のところ長い目でみればレーシックの方が経済的に安くなることがあるのです。長いスパンで考えることによって、レーシックよりもコンタクトの方が高い場合もあります。
またレーシック手術を受けることで、半永久的に裸眼で過ごすことが出来るというメリットもあります。 これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。
コンタクトレンズの使用者にとって裸眼の快適さはとても魅力的なものでまさに夢にまでみたこともあるでしょう。
日頃の面倒くさいことが一切必要無くなるレーシック手術をして、コンタクトレンズから解放しちゃいましょう。

 

 



<レーシックガイド>これからは裸眼で快適に生活ブログ:05 6 2019

おれは去年の春、突然うつ病になった。

それまで土日の休みもなく、
連日残業に次ぐ残業の嵐で働きづめだった。

いつも通りの勤務中、症状は突然現れた。
電話が鳴り左耳に当てる…
ところがで、相手の言っていることがさっぱり聞き取れないのだ。
日本語なのにまるで未知の外国語を聞いているように感じられた。

心療内科を受診したところ
「過労によるうつ病、三月の要休養」と診断された。

何でおれがうつ病なんかに…と思ったが、
心のどこかで(これで仕事を休める…)と
ホッとしたもの偽りざる心境だった。

家に帰り、奥さんに事の顛末を話した。

奥さんはどんな顔をするのか不安だったが、
意外にも
「あら、そう。じゃ、しばらくはゆっくり休めるわね。
あんなに仕事してたら、肉体のどこかにガタがきて当然よ」
と言っただけだった。
拍子抜けしたが、正直奥さんのこの言葉には救われた。

だが、ここからがおれのうつ病との戦いの始まりだった。

おれは不安ややり場のない怒りを奥さんにぶつけたりした。
駄々っ子のようなおれの話を、小学校から高校まで同級生の奥さんは
いつでも何時間でも聞いてくれ、おれを理解しようとしてくれた。

そんな奥さんに有難味を覚えながらも、
奥さんに話をした所でうつ病の辛さは所詮他人には分かりっこない。
おれは独りぼっちなんだ…という思いを抱き続けていた。

そんなおれに転機をもたらす日が来た。
おれはその日調子が悪く悲観的になっていた。

奥さんにもう自分は仕事ができないのではないだろうか…と訴えた。
その時奥さんはこう言った。

「あなたが仕事を辞めることになっても、おれが働きに行くから大丈夫。
2人のお子さんも責任持って育てるから、
何も心配しないで家族みんなでやっていきましょう」


レーシックの達人@ レーシックの達人A レーシックの達人B レーシックの達人C レーシックの達人D