<レーシックガイド>これからは裸眼で快適に生活

現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。コンタクトレンズを使用している人の中でレーシックを受けようか迷っている人は大勢いらっしゃると思います。
コンタクトレンズの価格とレーシックの治療費を比較した時、実際のところ長い目でみればレーシックの方が経済的に安くなることがあるのです。長いスパンで考えることによって、レーシックよりもコンタクトの方が高い場合もあります。
またレーシック手術を受けることで、半永久的に裸眼で過ごすことが出来るというメリットもあります。 これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。
コンタクトレンズの使用者にとって裸眼の快適さはとても魅力的なものでまさに夢にまでみたこともあるでしょう。
日頃の面倒くさいことが一切必要無くなるレーシック手術をして、コンタクトレンズから解放しちゃいましょう。

 

 



<レーシックガイド>これからは裸眼で快適に生活ブログ:21 2 2019

シェイプアップ中、夜食は最大の敵です。
寝る前に食べた食べ物は、あまり消費されること無く
体脂肪として蓄積されてしまうからです。

僕たちの肉体には、自律神経というものがあります。
自律神経には交感神経と副交感神経があり、
14時は交感神経が働き、 晩は副交感神経が働きます。

14時の交感神経は、食べたものの消費を促す指令を出し、
晩の副交感神経は、食べたものを
肉体に蓄えさせる指令を出します。

だから、晩寝る前に食べたりすると
太りやすいんですね。

けれど、ウエストがすいていらいらしたり、
ウエストがすき過ぎてあまり眠れない時などは、
低カロリーで消化のいいものをとり、
空腹感を落ち着かせるほうがいいと思います。

それでも寝る直前は避け、
2時間くらい前にとるようにしましょう。
晩、ウエストがすきそうな時は、
明日のあさ食を楽しみに早めに寝るべきですね。

ウエストがすいてどうしようもない場合は、
お湯を多めに入れたおかゆをゆっくり食べて、空腹を落ち着かせましょう。
消化がいいので、あさ、胃もたれすることもなく、
あさ食もおいしく食べられると思います。

また、
コーンスープやポタージュなどではなく
インスタントのコンソメスープやカワメスープなどもお勧めです。
低カロリーで簡単にでき、肉体も温まるのでいいと思います。

レモネードもレモンの香りで心が落ち着いて、イライラがおさまり、
肉体も温まり、ビタミンCも取れるのでお勧めです。

日本酒をほんの少し飲んで、
さっさと寝てしまうのもいいかもしれませんね。
ただ、日本酒はなるべく低カロリーのものにして、
おつまみは食べないようにしましょう。


レーシックの達人@ レーシックの達人A レーシックの達人B レーシックの達人C レーシックの達人D