<レーシックガイド>これからは裸眼で快適に生活

現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。コンタクトレンズを使用している人の中でレーシックを受けようか迷っている人は大勢いらっしゃると思います。
コンタクトレンズの価格とレーシックの治療費を比較した時、実際のところ長い目でみればレーシックの方が経済的に安くなることがあるのです。長いスパンで考えることによって、レーシックよりもコンタクトの方が高い場合もあります。
またレーシック手術を受けることで、半永久的に裸眼で過ごすことが出来るというメリットもあります。 これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。
コンタクトレンズの使用者にとって裸眼の快適さはとても魅力的なものでまさに夢にまでみたこともあるでしょう。
日頃の面倒くさいことが一切必要無くなるレーシック手術をして、コンタクトレンズから解放しちゃいましょう。

 

 



<レーシックガイド>これからは裸眼で快適に生活ブログ:18 10 2018

十年前、元気だったお母さんが倒れた。
脳出血だった。
命は助かったが、右手足は不自由な体となった。

幸いな事に、
言葉、記憶などには不思議なほど支障がなかった。

助かってみると、
この事がお母さん自身の苦しみにもなり、
介護するミー達の苦しみにもなっていった。

「お前には分からん!」
ミーにぶつかるお母さんは、ミー以外にあたる人がいない。
2年前に親父は他界していた。

一年の入院生活から退院する時、ミーは心に決めた。
「よし、とことんお母さんとつき合って、
笑顔を取り戻すまでは、親父のところに行かす訳にはいかん」と。

医師には無理だと反対されたが、
お母さんの家を改造し、
デイケアの施設にお風呂を入れてもらう約束をもらって、
お母さんの希望どおり自宅に帰った。

お母さんの願いはほとんどやってあげたが、笑顔は戻らない…

五年が過ぎた頃、施設でリハビリの先生に出会った。
「ちょっと簡単な手芸をしてみない?」
「いや!できない」
「できる所だけでも、まあしてごらん」

押し問答が何日かあった末に、
デイケアの日に、しぶしぶ左手を動かしてやってみたが、
お母さんの思うようにはいかなかったらしい。

でも、あの日の事は忘れられない。
デイケアの車から降りると…

「これ」と、
お母さんがバッグの中から出したのが、小さな花。
色紙を型の中に押しこんで紙絵にしていく手法のものだった。

「ウワー!できたじゃん」
ミーは大げさに喜んでみせたが、お母さんはいつもの顔だった。
だけど、かすかにその中に笑いを見たような気がした。

それから、一作、二作、三作…作品が増えるにつれ、
少しづつ笑顔が出るようになった。

そして、心から
「ありがとう」の一言が
自然に口をついて出るようになった。

この言葉を聞いた日、
ミーの目が涙でかすんだのを今でも覚えている。

レーシックの達人@ レーシックの達人A レーシックの達人B レーシックの達人C レーシックの達人D